20代~30代でも要注意!若年性更年期障害の症状や原因

20代~30代でも要注意!若年性更年期障害の症状や原因

更年期障害といえば20代や30代のような比較的若い世代にはまったく関係ないと考えがちですが、残念ながらそうとは言い切れません。

たとえ、40代や50代のような更年期障害の発症しやすい年齢ではなかったとしても、20代、30代にして更年期障害やそれに似た症状が出てしまうことはあります。

それは一般的に若年性更年期障害と呼ばれており、近年メディアからもよく注目されるようになってきています。

また、更年期障害のイメージには女性が強いですが、男性でも関係なくおこりえることです。このことから、若い男女ともに若年性更年期障害気をつけなければいけません。

では、若年性更年期障害とは具体的にどのような症状を指すのか、主な症状についていくつかピックアップしていきます。

若年性更年期障害の主な症状とは?

若年性更年期障害の主な症状とは?若年性更年期障害の主な症状といっても、いくつかあります。ただ、その症状に共通しているのは、普段の健康な状態とは違って何らかの異変が自覚できるという点です。

若い時は比較的健康ですが、だからこそ異変があった時には気付きやすいのかもしれません。

また、ただのちょっとした体調不良だと思ったら若年性更年期障害だったということもありますから、異変を自覚したら念のため病院で診察を受けたほうが良いです。

ほんのちょっとしたことが若年性更年期障害のサインだったりもしますので、そのサインを見逃さないようにすることが大切です。今は年齢に関係なく自身の健康には気を遣わなければいけなくなりました。

早いうちから更年期障害への関心を持っておくことは将来のためにも役立ちますし、主な症状を知っておいたほうが対処しやすいです。

生理の不順

生理の不順は女性特有の症状ですが、女性なら気付きやすい体調の異変です。周期が一定ではなくなってしまった、あるいは止まってしまったなど、生理の不順は若年性更年期障害によるものの可能性があります。

生理の不順はさまざまな原因がありますのですぐ若年性更年期障害だと判断するのは早計ですが、特に原因が思い当たらなければ疑ってみたほうが良いです。

若年性更年期障害なのか、他の病気なのか、あるいはストレスが原因となっているのかはわからないですが、長く続くようなら診察の必要性があります。

更年期に起こりがちな生理不順の例>>

怒りっぽくなって以前よりナーバス

若年性のみならず更年期障害特有の症状といえるのが、常に落ち着かなくて怒りっぽくなってしまうことです。

明らかに以前よりナーバスになってしまい、他人のちょっとした言動がとても気になってしまうのは若年性更年期障害かもしれません。

ホルモンバランスが著しく崩れてしまえば、感情のコントロールをするのが難しくなってしまいます。もともとそのような性格だったのなら若年性更年期障害とはいえないですが、そうでないのに変わってしまったらおかしいです。

仕事や家事のストレスが溜まっているというならそのせいかもしれませんが、そうでないのなら心配なのは間違いありません。

愚痴が多くて落ち込みがちに

愚痴が多くて落ち込みがちになるのは、男性の若年性更年期障害でみられることがある症状です。仕事の愚痴があまりに多くてうつな気持ちからまったく抜け出せていない、何をやっても楽しめないなどはその兆候といえます。

誰でも仕事で大変なことがあれば気分が落ち込むのは当然ですが、それがいつまで経っても長続きするのはおかしいです。

恋人や配偶者についつい愚痴をこぼし続けてしまうなど、気分の落ち込みが顕著です。特に急にそのような変化があったなら、若年性更年期障害を考えに入れておいたほうが無難です。

若年性更年期障害になる原因には何が考えられるのか

若年性更年期障害になる原因には何が考えられるのか20代、30代でも起きる若年性更年期障害は、いったいどのようなことが原因として考えられるのでしょうか。

昔と比べて今は、ライフスタイルが大きく変化しました。若年性更年期障害は、そんな現代のライフスタイルが生み出した現代病といえるかもしれません。

そこで、若年性更年期障害になる原因には具体的に何が考えられるのか、それについて解説します。若年性更年期障害になったら、仕事にしても家事にしても行うのがとても苦しくなってしまいます。

それでは間違いなく困ります。ですから、そうなる前に対処しなければいけません。そして、対処するためには、若年性更年期障害になってしまう原因を知っておくことが大事です。

原因として考えられることを取り上げていきます。

女性に多い度を越したダイエット

適度なダイエットは健康のために必要不可欠ですが、度を越したダイエットは逆に体調不良の原因になりかねません。また、ホルモンバランスの乱れにもつながってしまいかねませんので、気をつける必要があります。

ホルモンバランスは、更年期障害を引き起こす大きな要因の一つです。

特に現代の女性は比較的痩身願望が強く「標準よりもさらに痩せないといけない」と思い込んでしまいがちです。

ダイエットをしてはいけないわけではありませんが、度を越したダイエットは健康を損ないます。20代、30代は理想的なスタイルを追求したくて当たり前ですが、それで体調を崩しては本末転倒です。

ですから、若年性更年期障害にならないためにも、度を越したダイエットは控えるべきです。

多大なるストレスが影響

現代はストレス社会と評される時代ですから、ストレスとは無縁でいられません。ストレスは生きていくために必要なのですが、多大なるストレスとなると体に負担がかかります。更年期障害は、ホルモンバランスの乱れがその主な原因です。

多大なるストレスはホルモンバランスを乱れさせる原因としては十分で、若くても関係なく若年性更年期障害になってしまいかねません。

ストレスが溜まっている時は、体の休養精神のリフレッシュが効果的です。ですから、若年性更年期障害かもしれないと思ったら、休養やリフレッシュを最優先させることが大切です。

睡眠がまったく足りていない

夜遅くまでスマホを見てなかなか寝付けないで結果的に夜ふかししてしまう、そんな若者が珍しくありません。

ショートスリーパーで短い睡眠時間でも頭スッキリ体スッキリなら良いですが、そうではなく昼間なのに常に睡魔に襲われて眠いようでは、若年性更年期障害になりかねないです。

睡眠がまったく足りていない状態は、ホルモンバランスが正常に機能しなくなってしまう可能性があります。疲れが取れなければ体の機能は低下しますし、自律神経もおかしくなりやすいです。

睡眠が足りていないとその悪循環を繰り返してしまいがちですから、適度に運動をして体をほどよく疲れさせ、夜はしっかり眠ったほうが良いです。

若年性更年期障害でない場合もある

若年性更年期障害でない場合もあるここまでに紹介した症状や原因が当てはまる20代や30代の人は「若年性更年期障害だ」とすぐに決めつけたくなってしまうかもしれませんが、実際にはそうでない場合もあるのでしっかり注意しないといけないです。

若年性更年期障害では今回紹介した症状や原因が比較的当てはまりやすいですが、もちろんそれは絶対というわけではありません。

ではどうやって若年性更年期障害なのかを判断すれば良いのかということですが、一番確実なのは専門医からの診察を病院で受けることです。

ですので、勝手な自己判断はせずに慎重に対処していくのが好ましいです。では、いったいどんな病気と症状が似ているのか、それについても少しまとめてみます。

うつ病の症状と似ている

若くてもうつ病が注目されていますが、このうつ病と更年期障害の症状は似ています。気分が落ち着かない、あるいは落ち込みがちになる、マイナス思考になるなどがそうです。

うつ病の症状はなかなか自覚できないかもしれませんが、このような考え方や症状になったら注意しないといけません。

若年性更年期障害かどうかは、やはり医師の診察が必要になってきます。

甲状腺に関係する病気の可能性もある

若い女性にとって甲状腺の病気も、まるで更年期障害のような症状になることがあるので気をつけないといけないです。

生理の不順や汗をかきやすい、気分の急激な変化などが症状としてみられます。

これらの症状を若年性更年期障害と勝手に自分で判断するのはよくありませんから、うつ病と同じように医師からの診察を仰ぐのが無難です。

病院は何科にかかれば良いのか?>>

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

更年期障害の病院での検査と治療方法について

更年期高血圧とは?原因と対処法について

更年期高血圧とは?原因と対処法について

骨粗しょう症はどんな病気?更年期になりやすいのはなぜ?

骨粗しょう症はどんな病気?更年期になりやすいのはなぜ?

更年期のアルコールは身体に悪い?お酒を飲む際に気を付けたいポイント

更年期のアルコールは身体に悪い?お酒を飲む際に気を付けたいポイント

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

更年期障害に効果的な成分と食べ物

男性更年期とは?症状や対処法について

更年期障害の原因は?予防と対処法について

更年期障害の原因は?予防と対処法について

ひどい更年期障害にHRT療法は有効?効果・治療法・リスクについて

ひどい更年期障害にHRT(ホルモン補充療法)は有効?効果・治療法・リスクについて

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?