40代の生理は長引く?それとも短い?更年期の生理周期が乱れる原因

40代の生理は長引く?それとも短い?更年期の生理の特徴とは?

年齢と共に女性ホルモンが減ってきますから、40代辺りから更年期へと近づくにつれて、体や肌の色んな悩みを抱えてしまいます。

更年期は劇的に体が変化する現象ですから、それに向かっていく40代からは体の不調が起きやすくなります。順調に毎月来ていた生理にも影響を与えてしまって、生理不順や生理痛の悩みを抱える方が少なくありません。

まだ更年期の年齢には早い方でも、女性ホルモンの減少で少しずつ体の内部では変化していますから、生理にも変化が出始めてきます。閉経に近づくのだから生理の周期が長くなったり、出血量が減るイメージですが一概にそうとも言えません。

そんな、40代からの生理と更年期の関係について詳しくお伝えしましょう。

更年期の生理不順はこんな仕組みで起こっている

更年期はこんな仕組みで起こっている更年期は閉経を境にした前後5年の10年間の間を指しています。女性ホルモンの量が急激に減ってしまうのが原因で、体がそれに付いていけなくて色んな症状が出るというのは、耳にしたことがある方も多いことででしょう。

年齢で言うと、大体45歳から55歳くらいが一般的に更年期に該当する年齢です。しかし、それも個人差がありますから、早い方は30代から更年期になる人もいれば、50代に入ってからやっと始まるという方もいます。

いったいどんな仕組みで更年期が起きるのかを知っておいて、来るべき更年期に備えるのも大事なことです。

エストロゲンの減少と生理との関係

卵巣機能の低下でエストロゲンが減少してしまうのは、閉経に近づいている証拠です。エストロゲンは卵巣で作られていて子宮の働きを正常に保つ作用もありますから、それが減少することで生理にも影響が出てしまいます。

正常な周期を保つことができなくて生理周期が乱れてしまったり、経血の量も変化してきます。脳からはホルモンを分泌しろと命令が出ていますが、卵巣の衰えで充分に分泌できずに生理にも乱れが起きてしまいます。

40代から生理が不安定になることが多い

40代から生理が不安定になる閉経したかどうかを知るのには、45歳以上で前の生理があってから1年以上経っているかどうかです。この閉経を基準として前後5年が更年期と言われているように、生理と更年期はとても深い関係があります。

やはり、閉経へとどんどん近づくごとに生理への影響も出てきますから、40代からは生理のリズムが狂ったり、今までになかったような生理の悩みを抱えることになります。

まだ閉経を迎えていない40代女性でも、体内の女性ホルモンはどんどん減少しています。閉経までの前段階として生理にも乱れが生じてきて、色んな症状が出てしまいます。

生理の乱れや変化は人それぞれ

個人の体質に色々あるように、更年期に突入する年齢や症状の重さなどもバラバラです。40代に入ってからの生理の乱れや変化にも個人差があり、人によって抱える悩みは違っています。

運よく生理不順や生理痛の悩みを抱えない人もいますし、大きく生理のリズムが崩れてしまう人もいます。

多く見られる生理の症状

生理のリズムが狂い始めますから、月経不順が起こりやすくなります。これも人によってまちまちで、生理周期が長くなる人もいれば短くなる人もいます。

月を追うごとに生理の周期が長くなったり、短い周期で生理が来てしまうケース、だらだらと生理が続いてしまうケースなどがあります。

経血量も月によって安定せずに多い月もあれば少ない月もある場合、経血量が増えてしまう場合、徐々に少なくなる場合など、個人差が大きいです。

不正出血などに要注意

更年期の生理の症状には、生理でもないのに不正出血したり、だらだらと生理が続いてしまう症状も含まれます。

しかし、不正出血などは単に、ホルモンバランスの崩れによる更年期の症状とは言えないケースもあります。

大きな病気の症状として出る場合もありますから、異常があるなら婦人科で診てもらうのがおすすめです。子宮内膜症や子宮がんなど、大きな病気が潜んでいる可能性もあります。

早期発見するためにも、更年期の生理のせいだと決め付けずに、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

PMS(月経前症候群)と更年期の違いとは?

エストロゲン減少のグラフ

更年期障害と似た症状を引き起こすものにPMS(月経前症候群)というのがあります。こちらは、更年期になる前にも起こります。そのため、違いが非常に分かりづらいです。

生理前にはエストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加します。これが原因で更年期と似たような状態になってしまいます。

更年期障害と見分けるポイントしては、生理前に起きるかどうかです。生理に関係なく、日ごろから不調を感じるのであれば更年期の可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、どちらも基本的にはエストロゲンの減少が原因なので、下記にまとめている対処法を参考にすると良いでしょう。

更年期の生理の乱れを上手に乗り切る方法

更年期の生理の乱れを上手に乗り切る方法40代からの生理の乱れは誰にでも起こるものです。生理不順やPMS、月経困難症など、30代までにはなかった生理の悩みが新たに増えてしまいます。

更年期の症状が出ている人にとっては憂鬱の種がまた1つ増えてしまいますから、余計に体も辛くなりますし精神的にもストレスになってしまいます。そんな生理の乱れと上手に付き合うための対策を取るのがおすすめです。

基本的には更年期の体の不調を和らげる対策と同じで大丈夫です。普段の過ごし方や生活習慣をちょっと変えるだけでも、大分楽に過ごせるようになります。

ストレスは生理の乱れを引き起こす大きな要因

生理の乱れは自律神経と深い関係があります。他にも体や心の不調を抱えているとストレスもたまりやすくなり、自律神経のバランスが崩れて余計に生理の乱れも起きやすくなります。

体や心がリラックスできる状態をなるべく作ってあげて、ストレスをためない生活をするのが大事です。自分の好きなことをしたり趣味に没頭するなど、快適だと思えることを実践していくようにしましょう。

時には家事や育児を家族に頼んで、ゆっくりと体を休めてあげるのも大切です。

ホルモンバランスを整えることで生理を安定させる

女性ホルモンのエストロゲンの減少が生理の乱れを引き起こしていますから、それを補ってくれる食品を取るようにしましょう。

大豆製品にはエストロゲン代わりになる大豆イソフラボンが含まれていますから、ホルモンバランスを整えてくれます。

生理を安定させやすくなるだけでなく、色んな更年期の体の症状を和らげるのにも役立ちます。豆腐や納豆だけでなく、豆乳やきな粉厚揚げや油揚げなどの食品にも含まれています。

大豆イソフラボンの効果について>>

生理の悩みを改善する更年期向けのサプリメントを活用する

更年期向けのサプリメントにはイソフラボンを始めとして、血流を増やしたり代謝をよくするなど、色んな成分がバランスよく含まれています。

生理の悩みにも効いてくれますし、不足しがちな栄養をしっかり摂取できますから、健康維持にもなります。体や精神のバランスを整えやすくなり、体の不調も緩和されますから、上手に活用していくのがおすすめです。

薬よりも穏やかな作用ですから、健康に悪影響を与える心配はありません。

成分や口コミを参考に更年期障害サプリランキングを掲載していますので、是非ご覧になってみてください。

生理の状況がひどければ無理をせず婦人科に行く

症状が重たい場合には、我慢しないで婦人科で診察を受けましょう。ホルモン補充療法や薬による治療など、医師がしっかり検査や診察をしてくれて、その人に合った治療を行ってくれます。

内診だけでなく血液検査やホルモン検査など一通り受けられますから、自分の体の状態を正しく知るのにも役立ちます。

治療で生理の悩みや体の悩みが一気に楽になりますから、無理をしないで早めに婦人科に相談に行くのも大切です。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

更年期にホットフラッシュ(ほてり・汗)が起きる原因と対処法について

更年期のホットフラッシュ(身体がほてる・汗が止まらない)の原因と対処法

更年期における不眠・睡眠不足の原因と対処法

「眠れない」、「睡眠が浅い」不眠・睡眠不足の原因と対処法

更年期はなぜやる気が起きない?倦怠感の理由と対処法について

更年期、やる気が起きないのはなぜ?倦怠感の理由と対処法について

更年期にいきなり起きる「動悸・息切れ」|サプリを飲めば改善できる?

更年期に訪れる急な疲れ・動悸・息切れ|サプリを飲めば改善できる?

更年期の「不安・憂鬱」を解消する方法とは?

更年期は気持ちが滅入る?「不安・うつ」を解消する方法とは?

更年期障害「吐き気」|気分が悪くなる原因と対処法

更年期障害「吐き気」|気分が悪くなる原因と対処法

更年期障害の女性の多くが経験するめまい|原因とすぐにできる対処法は?

更年期のめまい(ぐるぐるする、ふわふわする)|原因と対処法は?

更年期はなぜ肥満になりやすい?更年期脂肪とは?

更年期の「痩せない」「太る」の原因|なぜ肥満になるのか?更年期脂肪について

更年期になったら「冷え性」になった!更年期サプリを使えば治る?

手足が冷える、寒いと感じる更年期|冷え性の予防・対策

更年期に起きる嫌な頭痛!頭痛の種類と簡単にできる対処法

頭が痛い、頭が重い、片頭痛・・更年期に起きる頭痛の対処法