本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

最近朝起きるのが辛いとか、一日中不安な気持ちだったり憂鬱だったりといった精神的な症状、また急にフラっと立ち眩みがするとか、のぼせているような感覚もあるといった体調の悩みなど、もしかして更年期障害?とお思いの方もいらっしゃるはずです。

また、生理が来ても周期がおかしい、量が変わった等、更年期だからと見過ごしている方の中には重大な病気にかかっている方も居ます。

そこで、更年期と閉経の関係、閉経の予兆・症状・確認方法、そして女性ならでは病気や更年期特有の悩みについて挙げていきます。

更年期と閉経の関係

更年期と閉経の関係一般的に更年期と言われるのは月経が終わる(閉経する)前後5年の約10年間の事を言います。

女性の体は月経を迎える思春期から始まり、月経がある性成熟期、月経を追える更年期、そして月経が終わってからの高齢期に分けられ、個人差はあるものの平均的に50歳前後で閉経する人が多いようで、この時期の前後5年というと早い方で40代に入ると更年期を迎える方も多いようです。

ですから更年期に起こる不調の事を更年期症状といい、それよりも重いものの事を更年期障害と言って、閉経が近くなるとホルモンのバランスが崩れて月経周期が乱れたり、エストロゲンが急激に減少する事により個人差はあるものの様々な症状を起こします。

更年期障害の主な症状はこちら>>

閉経の予兆

閉経の予兆には様々なパターンがあり、個人差もあります。まず女性ホルモンの分泌が減少していくため、更年期に入ると生理の出血量が変化し、周期も変わってきます。

例えば、月経開始から次回の月経開始までの日数が25日から30日前後の方の場合、頻発月経といって短い周期に変化すると20日周期で経血も少なくなることがあります。

また、逆に稀発月経と言う長い周期に変化する方の場合、今まで25日から30日前後で生理が来ていたのに、周期が40日以上になったり2か月に一回しか生理が無くなる事もあるようです。

他にも生理が今までは1週間ほどで終わっていたのに、10日前後から2週間、長い方ですと1ヶ月も続くパターン(過長月経)等、これも閉経前に多い症状です。

40代~50代の生理は安定しないため、不安になる方も多いと思います。周期が乱れる原因を知っておけば余計な不安を感じずにすみます。

40代~50代の生理でお悩みの方へ>>

閉経前の生理周期の変化と間違えやすい病気

閉経までの生理周期の変化は個人差があり、短くなったり長くなったり、はたまた生理自体が長く続くなど様々な状態を生みます。

ただし、中にはガンや病気による不正出血の場合もあるので、生理が変化してきて何か不安な点がある場合は婦人科を受診された方が良いでしょう。

特に年齢的に閉経を迎えつつあり、更年期特有の生理周期に変化している中、出血が起こると通常の更年期ならば出血量が減少していくのに対し、量が明らかに増えたとかレバーのような塊が出る場合は子宮筋腫などの病気の事もあります。

さらに、長期にわたって出血量が減少せずに長くダラダラと続く場合も同じく、子宮の病気にかかっている可能性もあるため婦人科を受診された方が良いです。

閉経前のその他の変化

閉経前になると生理の周期や出血量が変わる以外に、経血の色の変化・おりものの変化なども見られます。経血の色は性成熟期と比べ、量が少なくなるせいで色が茶色や黒っぽく変化したり、おりものに関しても量が少なくなっていきます。

しかし、逆におりものが増えたり色が変化した場合、おりものが茶色の場合は不正出血、黄色の場合は萎縮性膣炎、黄緑色の場合は細菌性膣炎といった病気の可能性もあるので注意しましょう。

更年期・閉経なのかを確認する方法

更年期・閉経なのかを確認する方法生理が来ても出血量が減ったり、色が変わった、周期が短くなったり逆に長くなった、出血が長く続くといった状態であっても必ずしも更年期・閉経間近では無い事はあります。

一般的には生理が一年経っても来ない場合、閉経とみなしますが、そこに至るまで周期が長くなったり短くなったりを何度も繰り返したり、短くなって出血が長く続くなど様々なパターンがありますし、いきなり周期が長くなって閉経という方も居ます。

さらに更年期特有の症状が出ているにも関わらず生理自体はあまり変わらないという方も居ますし、そこで、更年期・閉経を見極める方法をあげていきます。

更年期を調べる検査方法

体調がいまいちだし、更年期特有の症状も出ているけれど別な病気かもしれないという不安がある方には更年期かどうかを調べる検査があります。

これは婦人科で行うのですが、問診・内診・血液検査がセットとなっており、問診ではクッパーマン更年期指数や簡易更年期指数というシートを使用し、それぞれの症状を指数化してその合計点で評価します。

その後、膣や子宮口に異常が無いかを調べるため器具を入れて調べる内診、最後に血液検査によってホルモンバランスの崩れによる自律神経の状態を調べます。

他にも更年期になると骨粗鬆症になる可能性もあるため、骨密度の検査を行う場合もありますし、ストレスや精神状態によっては心理テストを使う事もあるようです。

こういった検査に係る費用はだいたい5000円前後ですが中には自由診療の病院もあるようなので、念のため先に調べてからいかれると良いでしょう。

閉経を調べる方法

最近生理が来ないけれど、(周期が変、量がおかしい等も含む)これは閉経なのか、それとも生理不順なのか、病気なのかと不安な方には閉経かどうかを調べる方法があります。

まず1つ目に、基礎体温で調べる方法で、こちらは閉経が近づくと排卵が無くなるので高温期が無くなります。そこで基礎体温表を使用し、毎日基礎体温を測ってみると良いです。

また病院ではFSH血液検査やAMH血液検査といった検査によって知る事も出来、FSH血液検査では血中のホルモン濃度・AMH血液検査では卵巣内にどのくらい卵の数が残っているかを調べて閉経かを確認します。

閉経前の症状とその緩和方法

閉経前の症状とその緩和方法閉経前、更年期には生理の変化だけではなく様々な症状も起こります。一番多いのがホットフラッシュと呼ばれる顔のほてり・のぼせ・異常発汗・めまい

腹痛などの自律神経系の症状から精神的な症状まで幅広く起こります。平均して自律神経系は40代半ばから始まる方が多く、ついで精神的な症状が起こり、閉経後には泌尿生殖器関係の症状や病気になる事もあるようです。

閉経前や更年期に起こりやすい腹痛

生理不順、閉経前に良く起こるのが便秘や腹痛、下痢などの「お腹」に来る症状です。

ではなぜ、お腹の不具合が起こるのかというと更年期に差し掛かり自律神経が乱れてくると腸のぜんどう運動が低下し、便秘を引き起こしたり過敏性腸症候群や神経性胃炎になる場合が増えます。

これらは基本的に生活習慣を見直したり、食生活の改善でも改善出来ますが、病院に行って相談されるのも良いでしょう。

また、ホルモンバランスが変わる事で便秘や下痢といった症状以外にも腹痛が起こりやすくなりますが、中には子宮内膜症や子宮筋腫といった病気の可能性もあるので、閉経間近の更年期に差し掛かったならば定期検診も受けた方が良いでしょう。

更年期・閉経前の症状を緩和する方法

自律神経からくるのぼせ、ホットフラッシュ、腹痛などの様々な症状の場合、緩和する方法として(あまりにもひどい場合は)、HRTと呼ばれる女性ホルモンを補充する治療や漢方、そして精神的な症状には心理療法や投薬などの治療もあります。

しかし、日常生活の上でも気を付ける事で症状を緩和させる事もある程度は可能です。

例えば、女性ホルモンによくにた働きをする大豆を食事に多く取り入れたり、レッドクローバーザクロローヤルゼリーといった女性ホルモンの働きを助ける成分が配合された更年期サプリなども有効です。

また、体のめぐりを整えるハーブ、軽い運動も良いとされますので負担が無い程度に生活に取り入れると良いでしょう。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

更年期障害の病院での検査と治療方法について

更年期障害の原因は?予防と対処法について

更年期障害の原因は?予防と対処法について

更年期のアルコールは身体に悪い?お酒を飲む際に気を付けたいポイント

更年期のアルコールは身体に悪い?お酒を飲む際に気を付けたいポイント

骨粗しょう症はどんな病気?更年期になりやすいのはなぜ?

骨粗しょう症はどんな病気?更年期になりやすいのはなぜ?

更年期高血圧とは?原因と対処法について

更年期高血圧とは?原因と対処法について

男性更年期とは?症状や対処法について

20代~30代でも要注意!若年性更年期障害の症状や原因

20代~30代でも要注意!若年性更年期障害の症状や原因

更年期障害に効果的な成分と食べ物

更年期の家族(妻や母など)への接し方・対処法

更年期の家族(妻や母など)への接し方・対処法

ひどい更年期障害にHRT療法は有効?効果・治療法・リスクについて

ひどい更年期障害にHRT(ホルモン補充療法)は有効?効果・治療法・リスクについて