更年期の家族(妻や母など)への接し方・対処法

更年期の家族(妻や母など)への接し方・対処法

自分の母親や奥さんが最近イライラしていないでしょうか。もしかしたら、そういった態度になる原因は、更年期障害が起因しているかも知れません。


更年期障害は、女性ならば誰しもが経験し、およそ40代半ば~55歳の約10年間更年期の症状が継続してしまうと言われています。

そして、更年期を経験している本人は勿論の事、そういった心理状態の人がいることによって、周りの家族もストレスを感じてしまい家庭環境が悪化してしまうことも珍しくありません。

この様な最悪なケースを避けるためにも、まずは更年期障害とは何か理解し、そして家族に何が出来るか知る必要があるでしょう。

身内に出ている症状は本当に更年期?症状・年齢をチェック

身内に出ている症状は本当に更年期?症状・年齢をチェック前述の通り、更年期はおよそ40代~55歳までの間の事を指し、思春期等のように女性ならば誰もが経験する儀礼的な期間です。

10年問という長い期間となっており、症状の重さに個人差はあるものの、ある程度の対策を講じることは可能になっています。

更年期障害による主な心身の変化

更年期障害によって表れる諸症状としては、身体的なものと心的なものに分けることが出来ます。

■身体的なもの症状
・顔のほてり及び顔がのぼせる
・胸が痛くなる、動悸
・肩のコリや腰の痛み
・手足がしびれる
・めまいや立ちくらみ
・生理不順や不正出血

■心的な症状
・イライラして起こりやすくなる
・情緒不安定になり不安や孤独感を感じる
・情緒不安定になったことによる不眠

いくつか症状が当てはまっているなら、更年期障害の可能性が高いです。

更年期の主な症状についてはこちらをご覧ください。

ボリュームゾーンは40代半ば~55歳、しかし例外も

更年期障害の諸症状が表れるボリュームゾーンは、40代半ば~55歳と言われています。しかし例外もあり、30代~40代という若い世代であっても症状が出てしまいうことがあります。

これを若年性更年期と言いますが、生理不順のみならず不妊症が発症してしまうケースがあり、その後更に更年期障害を患ってしまうので、長い期間諸症状に悩まされてしまいます。

こういった原因は、ストレスや無茶なダイエット、不規則な生活習慣等が起因して卵巣機能が低下し、ホルモンバランスを崩してしまい引き起こされます。

こういったケースを避けるためにも、更年期特有の諸症状(生理不順やほてり等)があれば、生活習慣を改善するように心がけると良いでしょう。

若年性更年期の原因・症状を詳しく>>

家族は更年期とどう向き合うべきか

家族は更年期とどう向き合うべきか先述の様に、更年期障害の諸症状を発症すると心身共に影響が出てしまいます。特に、イライラや情緒不安定等と言った心的な症状は周りへも影響があり、互いにストレスを感じてしまいます。

しかし、こういった場合に互いに感情的になってしまうと、症状が悪化するばかりか家庭環境にも影響が出てしまいます。

そうなってしまわないためにも心無い言動は控え、症状を感じたら理解を示しそれぞれの立場で出来るサポートを心がけると良いでしょう。

子供が出来る更年期に対するサポート

子供が出来る更年期に対するサポート子供にとって母親は何かと口うるさく言われる存在なので、更年期の諸症状は気づきにくいかも知れません。

特に、子供が10代後半や20半ばの年齢であれば、自分の事で手一杯で、なおさらその傾向が強くなるでしょう。事実、母親が更年期の諸症状が表れたいたとしても、気づかない人が大半だと思います。

しかし、更年期の症状の差は個人差があるものの、その期間はおよそ10年もあるので、殊更気を使っては自分の事がおろそかになりかねません。

ですから、特別更年期の母親への対応をするのではなく、母親がつらそうであるならば、優しい言葉をかけるようにすると良いでしょう。

また、そういった事がやりづらいのであれば、今日あった出来事などを話しかけてみるのも一つの方法です。


いずれにしても、心的な要因を紛らわせてあげるのが最適です。

そして、身体的に非常につらそうであれば、家事などの出来ることをしてあげ、父親等とそれらを連絡して、さらなる対策を講じる事を考えれば良いのです。

旦那さんが出来る更年期に対するサポート

旦那さんが出来る更年期に対するサポート女性の社会進出や理解は進んでいるものの、女性特有の身体的理解は未だ進んでいないのが現状です。

更年期に差し掛かった女性の場合、女性特有の身体的要因にプラスして生理不順や閉経等も起こり、更に男性の理解が得られない場合があります。


特に、更年期の女性の場合、そうであることを旦那さんに知られたくなく、積極的にそれら諸症状について喋らない可能性もあるのです。

この様な事は、更に症状を悪化する原因に繋がってしまうので、症状を感じたら旦那さん側から更年期についてコミュニケーションを取ってみる事をお勧めします。ただ、女性の性格的な要因も関係するので、無理に聞き出すことはあまりお勧めできません。

ですから、奥さんがつらそうに感じたら優しい言葉をかけてあげ、自分に出来ることはなるべくしてあげるようにしましょう。

また、女性とのコミュニケーションの一環として、性交渉を試みようとする男性もいるかもしれません。

無理強いしないのであれば、特に悪いことはありませんが、更年期になると女性ホルモンが低下することにより、女性器が濡れにくくなってしまいます。もしそういった行為をするのであれば、ローションなどを用いて行うと良いでしょう。

当サイトでは、セックスと更年期の関連性について記事を公開しています。更年期の女性の方に向けた記事ですが、男性の方が見ても学ぶ部分は多いと思います。

セックスと更年期の関連性>>

いずれにしても、奥さんに最も近いのが旦那さんの存在です。基本的には心的・身体的サポートで事足りますが、鬱等の症状の要因ともなる可能性が考えられるので、奥さんの状態を把握しておく努力が必要です。

病院に行く前に出来ること

病院に行く前に出来ることくどいようですが、更年期障害は症状の差はあるものの、避けて通ることができないものです。

しかし、環境や日常生活の改善によって症状を緩和させ上手に付き合っていくことは可能です。前段で述べた様に、更年期の諸症状は女性ホルモンの乱れによるものなので、これらを補えば正常な状態に近づけることが出来るのです。

そこで、ここではそれら症状を緩和させる方法を幾つか紹介したいと思います。

気分を明るくして緩和する

更年期障害の諸々の症状は、女性ホルモンの低下により自律神経のが乱れることが原因です。つまり、自身を心身ともにコントロール出来ない状態であり、そういったストレスも症状に拍車をかける要因となります。

ですから、更年期に差掛ったのであれば、気分を明るくするためにも趣味や音楽鑑賞、美術館巡りなど気分転換を積極的に行うことをお勧めします。

何かに没頭していると、脳内でセロトニンドーパミンと言った幸福ホルモンが分泌され、自律神経の働きを正常にし気分を軽くする事が出来ます。もしその様な没頭するものがないのであれば、アロマテラピー等もおすすめできます。


アロマの香りには、鎮静作用があるので心を落ち着かせ、自律神経を正常に整える働き等もあり、更年期の諸症状に有効です。

また、最も手軽な気分転換方法として、体を動かすこともお勧めできます。体を動か事で血流が良くなり、脳への血行が促進されるばかりでなく、セロトニンやドーパミンと言った幸福ホルモンも分泌されるので効果的です。

しかし、激しい運動ではなくウォーキングでも有効なので、気軽に出来る更年期対策だと言えるでしょう。

自律神経を整えたり、血行を良くする栄養の摂取

自律神経も正常に働かせたり、血行の促進、ホルモンバランスを整えることでも症状を緩和させることが出来ます。

例えば、自律神経・血行の促進等に良いとされる食物としては、梅干しや玉ねぎ、大豆類等が効果的です。いすれも特別なものではないので、手に入りやすく毎日続けて摂取することが出来ます。

また、これら食材に加え、ホルモンバランス改善策のサポートとして、サプリメント等も摂取するのも悪くありません。

特に、成分にサポニン・プラセンタ・エクオールを含むサプリメントは有効で、食事よりも効率的に摂取できるので、続けやすい更年期対策法になります。

当サイトでは、更年期に効くサプリをご紹介しています。サプリは副作用の恐れも少ないので気軽に始められるのでオススメです。

更年期サプリランキング>>

症状が重いようなら病院に行く

とは言え、これら対策を講じていたとしても症状の緩和につながるものの、更年期障害の症状には個人差があるので、あまり効果が見られない場合があります。

この様な時は、素直に産婦人科や更年期外来等医学的なアプローチによって症状の改善を図ることをお勧めします。

もしかしたら、本人が嫌がる可能性もあるかも知れません。基本的に無理強いは良くないのですが、症状が重いようであれば、少々強引でも医者に見せたほうが無難です。

それに、更年期になると血管年齢も悪化している可能性もあるので、くも膜下出血等の大きな病気の可能性も否定できなくなります。

そういった意味合いにおいても、更年期に差掛ったら一度受診おいた方が良いでしょう。

更年期障害 サプリ ランキング

関連記事

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

エストロゲンとは?更年期障害が起きるメカニズム

更年期障害の病院での検査と治療方法について

更年期のアルコールは身体に悪い?お酒を飲む際に気を付けたいポイント

更年期のアルコールは身体に悪い?お酒を飲む際に気を付けたいポイント

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

本当に更年期?閉経の予兆・症状・確認方法について

ひどい更年期障害にHRT療法は有効?効果・治療法・リスクについて

ひどい更年期障害にHRT(ホルモン補充療法)は有効?効果・治療法・リスクについて

更年期障害の原因は?予防と対処法について

更年期障害の原因は?予防と対処法について

20代~30代でも要注意!若年性更年期障害の症状や原因

20代~30代でも要注意!若年性更年期障害の症状や原因

更年期障害に効果的な成分と食べ物

骨粗しょう症はどんな病気?更年期になりやすいのはなぜ?

骨粗しょう症はどんな病気?更年期になりやすいのはなぜ?

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?

更年期とセックスの関係性について|女性ホルモンに影響はある?